手術をする理由

冠動脈を拡げる薬を飲んでも軽労作で発作がおきる場合、あるいは症状がなくても冠動脈の重要な部分が狭くなっていて危険と考えられる場合、カテーテルによって狭くなった部分を広げるか手術によってバイパスを作り冠動脈に血を流れやすくすることが必要となります。


カテーテルか手術か、それぞれ長所,短所がありますが一般的にはカテーテルによる治療が難しい、あるいは効果が不確実と考えられる場合手術の適応となります。


現在流れている血管は非常に細く、現在血栓を予防する薬や冠動脈を拡げる薬をのんでいるので簡単にはつまりませんが、もしつまると心臓がうまく動かなくなったり、止まったりする危険性があります。

手術の方法

冠動脈バイパス術とは、冠動脈の細くなったりつまっているところの先に新しい血管(バイパス)をつなぐ手術です.そこから血液がたくさん流れるようにして、心臓に流れる血液を増やし、狭心症発作や心不全がおこらないようにすること、またこれによって細い血管がつまっても心筋梗塞にならないようにすること、つまり命綱をつけることが目的です。