心拍動下手術について

人工心肺装置を使わず、心臓を止めないで、行なう方法です。つまり、心臓を動かしたままでバイパス手術をします。これは技術的には難易度が高く、場合によっては手術中に血圧が下がったりして困難なことがありますが、いろいろな新しい器械(つなぐ部分の血管を固定する器械)の開発により、多くの症例で可能になりました。
この心拍動下手術では、人工心肺に起因する合併症を起こさず、また最も重大な合併症である脳梗塞を起こす危険が格段に少なくなるという大きな利点があります。

手術の具体的な内容について

胸の真ん中を縦に切開(胸骨正中切開)し、心臓のまわりをとりまく心膜という膜を切り開くと心臓と大動脈が見えます。

心拍動下または、人工心肺を用いて心臓が停止しているあいだに、冠動脈のつまったり細くなっているところの先に新しい血管(バイパス)をつなぎます。血管の太さは1.5mm前後と大変細く、これを細い針糸で縫い合わせます.