BEFORE | 説明一覧へ戻るNEXT

心臓には4つの部屋があり、収縮と拡張を繰り返しながら血液を全身や肺に送っています。


このうち、肺で酸素を渡された血液が帰ってくる部屋を左心房といい、全身に血液を送るポンプの役割をしている部屋を左心室と呼んでいます。


その二つの部屋の間には僧帽弁という扉があって心臓が拍動するたびに開いたり閉じたりしています。


この扉の部分は弁尖といって2枚あり、大きく開閉する扉(前尖)と小さな扉(後尖)からなりたっており、それぞれの弁尖の裏側には腱索というたくさんの細いひもがついていて左心室の乳頭筋につながり、うまく開閉できるしくみになっています。


心臓が拡張するときにこの弁が開いて左心房から左心室に血液が入っていきます。心臓が収縮して左心室の血液が全身に送りだされる時にはこの弁は閉じて左心房へ血液が逆流しないようにしています。