僧帽弁の蝶番にあたる交連部というところがくっついて弁がうまく開かなくなるのが僧帽弁狭窄症です。

軽症のものは2枚の弁尖のしなやかさは保たれていますが、多くは弁尖に肥厚、硬化、変形を伴います。この原因はリウマチ熱がほとんどですが、原因がよくわからないものもあります。

左心房から左心室への入り口が狭くなって血液がうまく通過できないため,左心房の圧は非常に高くなり肺に血液の停滞がおこり,肺の血圧が上がります。

次第に,肺に血液をおくる右心室の圧力も上がってきて、三尖弁の逆流がおきてきます。

そのため、呼吸が苦しくなったり、むくみが出てきて、重度の心不全へと進んでいきます。

また,左心房は拡大し、ここで血液はよどんでしまうため血栓(血液の塊)ができ,これが血流に乗って全身にとぶと塞栓症状(脳梗塞等)をおこすことがあります。

また弁が完全に閉じないために左心室の血液が左心房に逆流する僧帽弁閉鎖不全症を合併する場合があります(僧帽弁狭窄兼閉鎖不全症)。