手術の目的

僧帽弁の狭窄を解除することにより、血液がスムーズに流れるようになります。
心臓と肺は負担がとれて楽になります。

手術の方法

カテーテル治療の進んだ現在、手術が必要な多くの症例は、かたい弁を切りとって人工の扉にかえる人工弁置換術の適応になりますが、弁形成できる場合もあります。