かたくなった扉(僧帽弁)がうまく開かない場合、かたい扉をはずして人工の扉に替えるのが人工弁置換術で、古くから行われているオーソドックスな治療法です。