心臓には4つの部屋があり、収縮と拡張を繰り返しながら血液を全身や肺に送っています。
このうち全身に血液を送るポンプの役割をしている部屋を左心室と呼んでおり、その左心室という部屋の出口には大動脈弁という扉があって心臓が拍動するたびに開いたり閉じたりしています。


大動脈弁は通常は弁尖という3枚のうすい膜からできています。心臓が拡張するときに左心室の入り口にあたる僧帽弁という弁が開いて血液が入ってきますが、大動脈弁のほうは閉じて大動脈の血液が逆流しないようになっています。