この原因にはリウマチ熱、先天性(大動脈弁が2枚のもの)、感染や炎症によるもの、加齢に伴う動脈硬化によるものなどがあります。弁尖がくっついたりかたくなって動きが悪くなり、弁が十分開かなくなったものが大動脈弁狭窄症です。

左心室が収縮してたくさんの血液を全身に送り出さなければならないとき出口の扉がうまく開かず、血液が十分送り出されないわけですから左心室は非常に苦しい状態になります。何年もかかってゆっくりおこるため心臓もなんとかそれにあわせて拍動しています。


左心室はたくさんの血液を狭い出口から押し出すために強い力を出せるように筋肉を厚くします(心筋肥大)。はじめのうちは症状がおきませんが、その間に筋肉がたくさん仕事をするためだんだん疲れてきます。そして収縮する力が落ちてくると症状が出てきます。