この原因にはリウマチ熱や先天性のもの、感染によるもの、加齢に伴うものなどがあります。弁尖がくっついたり、一方でたるんだりして弁が閉じなくなり、逆流がおこる状態が大動脈弁閉鎖不全症です。このようなことが急におこると大変ですが、何年もかかってゆっくりおこるため心臓もなんとかそれにあわせて拍動しています。


心臓の代償機能といって都合のわるいことを打ち消そうとする働きがありますが、左心室はたくさんの血液が逆流して入ってくるため大きくなります(心室拡大)。心臓が大きくなりすぎると、収縮する力が落ちてきて症状が出てきます。