手術の目的

大動脈弁の狭窄を解除することと逆流をなくすことが手術の目的です。
これによって左心室の圧力は下がり、血液がスムーズに流れるようになります。心臓だけでなく、肺や肝臓も負担がとれて楽になります。

大動脈弁膜症に対する手術の方法

大動脈弁の手術には、大動脈弁全体を切り取って人工弁をとりつける人工弁置換術と、大動脈弁全体を切り取らずに修復する弁形成術の2種類あります。


しかし、大動脈弁形成術は、一般的でなく、限られた外科医によってのみ行われています。


大動脈弁閉鎖不全症の中には、この弁形成術によって逆流が止まり、長持ちするものがありますので、特に年齢が若い方の場合、弁形成に詳しい専門医に相談するとよいでしょう。 しかし、まだ長期にわたる報告はなく、現在のところ人工弁置換術が標準的治療法です。