ワーファリンによる抗凝固療法は食事の影響を受けます。


食品中のビタミンKは摂取量が多いとワーファリンの効き目を減弱させるので、ビタミンKが多く含まれる納豆、クロレラ、青汁などは原則として禁止されています。


そのほか緑黄色の野菜、海草なども摂りすぎに注意しなければなりません(特に野菜を減らす必要はありません)。