心臓手術の特殊性および問題点

人工心肺装置という機械で全身の循環を行うため、全身の臓器および血液が影響をうけます。このように体がいままで経験したことのない「非生理的」環境におかれるということが心臓の手術の特殊性であり、体がこのようなことに耐えられるかどうかということが問題になります。


血液の流れ方も、普段と違うためたとえば脳動脈硬化の強い方は脳の循環が悪くなって脳梗塞ができてしまう危険性もあります。また手術中は血液が薄まることもあって、全身の臓器は浮腫状態になり肺の機能が悪くなります。


なかには腎臓の血流が不十分となり腎不全の状態をおこし透析が必要になることもあります。
最大の特殊性は心臓を停止させるということで、心筋保護液がうまく心臓全体にいきわたらず心筋梗塞ができたり、それによって心筋が回復しないという心配が少しあります。
ただし、この危険性は最近ではきわめて少なくなっています。


人工心肺法の進歩によって、全身への影響は少なくなり、現在では高齢でも無事に乗りきれるようになりましたが、手術前のコンディションは大切です。