手術当日と術後

手術室に入室後、まず麻酔がかかり深く眠った状態になります。次に口から気管チューブが入り人工呼吸となり、この状態で手術がはじまります。全身麻酔のため苦しさや痛みはないので心配ありません。
手術が終わるとすぐに集中治療室(ICU)にはいります。この時は患者さんはまだ麻酔が効いていて意識がありません。4~5時間以内に意識がさめ自分で十分呼吸ができるようになったら気管チューブを抜きます。そうすると話ができ、しばらくすると水も飲めるようになります。


手術の大きさや心臓の機能にもよりますが集中治療室には順調なら手術当日滞在するのみで翌日には病棟にもどれます。その後は約2週間ぐらい検査と歩行などのリハビリを行い、問題なければ退院となります。
退院後しばらくは不整脈なども出やすく、心臓の機能も十分回復していないことが多いので、どのように生活したらよいか十分に主治医の指導を受け、外来できめこまかい診察を受ける必要があります。