BEFORE | 説明一覧へ戻るNEXT

僧帽弁形成術について

僧帽弁の病気(僧帽弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症)が重症で、呼吸困難などの症状があったり、症状がなくても心臓の機能の低下や高度の肺高血圧がエコー検査で認められる、あるいは逆流が高度で弁形成の成功率がかなり高いと考えられるなど、手術の適応と考えられる場合、現在の外科的標準治療は弁形成術と人工弁置換術の2種類があります。


弁形成術は、僧帽弁全体を切り取らずに形の悪い部分を切り取って縫い合わせたり、伸びたひものかわりに糸を縫いつけたり、僧帽弁がきちんと閉じるようにする手術で、人工弁置換術の場合と異なり、異物である人工弁に伴う血栓症などの心配が少ないばかりでなく、自分の弁が温存されるため、心臓の働きの点でも人工弁より良いものが得られます。薬も少なくてすみ(基本的にワーファリンは不要)、よりよいレベルの生活が期待できます。


   
僧帽弁閉鎖不全症 僧帽弁人工弁置換術 僧帽弁形成術