僧帽弁形成の基本手技

おもに、僧帽弁の弁の逸脱をなおす手技と、弁輪の形成手技の2つから構成されます。