僧帽弁形成術について


僧帽弁形成が困難な場合の手術

リウマチ性僧帽弁膜症、感染性心内膜炎、Barlow病、先天性弁膜症などで、弁の硬化、肥厚、破壊、変形などが著しく進行し、弁の一部分を心膜などで置き換えても逆流を止められない、あるいは再発が予想される場合、言い換えれば「弁がいたみすぎていて温存に適さない」と判断された場合、自分の僧帽弁を切り取って、人工弁(機械弁または生体弁)に取り換える、というのが現在も世界中で行われている標準治療です。


僧帽弁人工弁置換術は確実に弁の機能不全をなおしてくれますが、特に若い年齢で適用される機械弁の場合、終生にわたるワーファリンの服用を望まない人にとっては、大きな問題です。


もともと僧帽弁形成術は、このような問題を解決するために発展・普及してきたものですが、弁形成が困難な場合、なんとか弁形成に近い治療法はないか、という思いから考えだされたのが、新しいステントレス僧帽弁(Normo:ノルモ)を用いた手術法です。 自分の心膜という組織で手術中に弁を作成する方法で、弁形成と同じように、手術後ワーファリンが不要です。


現在、多施設共同臨床研究が行われていますが、将来国内だけでなく、リウマチ性弁膜症の多いアジア諸国など、海外での普及も期待されています。

下記のボタンより、それぞれの内容をご覧頂けます。

normo弁の臨床

ステントレス僧帽弁臨床研究会

ステントレス僧帽弁臨床研究会 第一回学術集会

ステントレス僧帽弁臨床研究会 第二回学術集会

ステントレス僧帽弁臨床研究会 第三回学術集会