僧帽弁手術のさまざまな問題点を解決すべく、早稲田大学理工学部機械工学科の研究所で梅津教授と共同研究を始めたのは、1997年。僧帽弁研究班が誕生しました。


その中でステントレス僧帽弁が誕生したのは2002年。2003年からは、東京女子医大に隣地に完成したこのTWIN(東京女子医科大学早稲田大学連携先端医科学研究教育施設)において、研究を行わせていただいています。
>> ステントレス僧帽弁の詳細についてはこちら


TWINS内の梅津研究室における実験風景(2009)。


 

僧帽弁シミュレータ

人工心臓の権威、梅津教授にこのような僧帽弁拍動流シミュレータを 作っていただき、動的な実験研究を始めたのは2001年ころです。


新しいステントレス僧帽弁Normoは多施設臨床研究という形で手術が行われていますが、平行して実験研究が進められています(2012年12月)。